活動の紹介

HOME / 活動の紹介 / 講演会の開催

講演会の開催


日本サウディアラビア協会は、毎年、通常総会終了後に、日本クウェイト協会と共催で、専門家を講師としてお招きし、中東・湾岸地域情勢に関する講演会を開催しています。1999年以降に開催された講演会のテーマと講演者は以下の通りです。

2018年7月25日(水)

『サウジアラビアの構造変容と中東の諸紛争』

神戸大学大学院国際文化研究科教授 中村 覚

2017年7月27日(木)

『ムハンマド新皇太子時代の対外政策と財政・経済改革-サウジアラビア』

日本貿易振興機構(JETRO)アジア経済研究所上席主任調査研究員
福田安志

2016年7月27日(水)

『原油安・地政学状況の変化と湾岸諸国』

日本経済新聞社 コラムニスト 脇 祐三

2015年7月29日(水)

『サルマーン国王の新体制と経済・石油政策』

早稲田大学イスラーム地域研究機構研究院教授 福田安志

2014年7月18日(金)

『最近の湾岸情勢』

外務省中東アフリカ局中東第二課長 金井正彰

2013年7月25日(木)

『湾岸諸国のこれから-新たなる挑戦』

日本エネルギー研究所研究理事 保坂修司

2012年7月26日(木)

『湾岸諸国の経済展望』

国際開発センター研究顧問 畑中美樹

2011年7月26日(火)

『アラブ諸国の民主化について』

東京外国語大学大学院教授 酒井啓子

2010年7月9日(金)

『湾岸産油国の経済情勢と日本の課題』

日本経済新聞社 論説副委員長兼編集委員 脇 祐三

2009年7月27日(月)

『科学技術分野における日サ間戦略的パートナーシップ』

在日サウジアラビア王国大使館文化部アタッシェ ブカーリ・イサム

2008年7月24日(木)

『イランと湾岸アラブ諸国:ペルシア湾を挟んだ相克と断層』

日本エネルギー経済研究所理事中東研究センター長 田中浩一郎

2007年7月20日(金)

「変貌する湾岸の社会と文化」

近畿大学教授/日本エネルギー経済研究所理事 保坂修司

2006年7月12日(水)

「最近の中東情勢と日本の立場」

外務省中東局参事官 杉山晋輔

2005年7月7日(木)

「中東を中心とする国際情勢と日本」

㈱岡本アソシエイツ代表 岡本行夫

2004年7月6日(火)

「イラクの今後の展望と中東情勢(仮題)」

中東調査会上席研究員 大野元裕

2003年7月7日(月)

『イラク情勢を考える』

放送大学助教授 高橋和夫

2002年7月4日(木)

「アフガン後の湾岸情勢」

大東文化大学教授 片倉邦雄

2001年6月5日(火)

『重要性を増すアラビア湾-変貌する米国の中東対策』

東京国際大学教授 渥美堅持

2000年6月7日(水)

『中東地政学とのつき合い方』

朝日新聞 特別編集委員 船橋洋一

1999年6月8日(火)

「湾岸諸国の経済展望」

国際経済研究所主任研究員 畑中美樹

このページのTOPへ